芸能人やマジシャン、サイエンスショーの出演料はいくら??

ピンキリです。

…で、終わる訳にもいかないでしょうね(;^_^A

九州サイエンスラボのサイエンスショーや出張実験教室の出演料も気になる所でしょう( ̄ー ̄)

以前は「お客様に分かりやすく」を意識し、

PTAさんや子ども会さんなど、小規模な非営利団体様向けの出演料の最低ラインを

ホームページに記載していたことがあります。

ところが、イベント会社さんから「消してください!」と怒られました!!( ̄▽ ̄;)

まぁ、そうですよね。。。

イベント会社さんは弊社の費用に仲介料を乗せられますし、あくまでも条件がそろった場合の最低ラインですから、金額が全く違います。

その金額を見て、依頼元からクレームが付くかもしれません。

固定金額を細かく書くと、そのイベント会社さんが何%利益を乗せているかが分かってしまいます。

弊社としても様々な形態のイベントに臨機応変に対応していますから、明確に細かく”いくら”と出すこともできません。

とても難しい問題です。

なので、現在は記載していませんし、ほとんどの出演業の方が記載していません。

イベントの出演者が探せるポータルサイトなどに、〇万円~〇万円などと記載がある場合がありますが、幅が広いですし、「ゲッ!こんなに高いの!?」と思われる事もあるでしょう。

で、もちろん弊社にも「出演料はいくらですか?」というお問い合わせがあります。

当たり前ですよね。

普段から出演依頼を行うような方なら、大体の相場のようなものをご存知ですが、

特にPTAさんとか子ども会さんなどは一般の主にお母様が運営されていますから、相場をご存じなくて当然です。

弊社の例です。

ご予算が大変少なかったため、「このような条件でよろしければ、〇万円までお値引きします」とお伝えしました。

大変大きなお値引きでしたので、もちろん特別な条件付きです。

その金額でも「えっー!そんなに高いんですか!?」と言われたことがあります。

言っておきます。

この時の提示価格は目が飛び出るほどお安い価格です。

もしも全てのイベント出演料がこの価格だと、私が死んでしまう( ̄▽ ̄;)という価格です。

このような例は少なくありません。

そこで、出演料のイメージだけでもお伝えできればと思います。

出演料と言うものは不透明で分かりにくいものですが、上記の問題で、はっきりとした価格を書く事ができないのが実情です。

ですのでとても回りくどい書き方をしますが、あくまでも「話のネタ」としてお読みいただければ幸いです…(;^_^A

まず、出演業は物販ではありません。

物の販売なら、安くても原価を割らなければ、たくさん売ることで利益を上げることができます。

1個の商品の利益が1円だとしても、100万個売れるのであれば100万円の利益です。

ところが出演業は、最低でも1人の人間が時間をかけて出張して公演を行い、しかも双方のスケジュールが合う必要があり、薄利多売は絶対にできません。

できたとして、1日2か所の公演が限界です。

スケジュールが合う必要があるので、一般的には1日1か所での公演です。

もし出演料が1万円ですと、1ヶ月の全日程で出演できてやっと30万円くらい。

でも、下に書きますが、全日程が埋まる事はまずありません。

さらに、交通費がありますし、サイエンスショーや実験教室では材料費、開発費などが出ていき、大きな経費がかかります。

下記で出てくるマジシャンでもネタや道具の購入、消耗品などもあり、経費は安くありません。

ですからこの30万円も、丸々は入ってきません。

【イベント出演回数から逆算】

※最低限の年収を300万円として計算します。

イベント出演があるのはいつでしょうか。

出演業の種類によりますが、土日祝日が中心です。

平日にどこかでイベントをしているとか、ほとんど無いでしょう?

あるとすれば、ディナーショーとか、学校の平常授業時間中のイベント、病院や老人ホームや障がい者施設さん内などでのイベント程度で、数は多くありません。

年間の休日数は120日くらいです。

そのうち、お盆や年末年始、年度末、年度初めなど、イベントが少なくなる時期もあります(これも業種によりますが)。

空いたスケジュールがあっても、その日に丁度イベントを行いたいと思う団体様がなければ、埋まる事はありません。

運よく上手くスケジュールが組めたとしても、年間100日程度しかない訳です。

実質はもっと公演できるかもしれませんが、受注数は不安定なため、その程度の日数で計算して価格設定するのが妥当でしょう。

1日1か所での公演だとすると、年間300万円稼ぐには、300万÷100日=3万円。

つまり、専業のプロならば利益が3万円を切ったら生活できない訳です。

しかも様々な経費がかかりますから、丸々手元に入る金額ではありません。

稀に「九州サイエンスラボさんは法人だから、出演者が何人かいて、たくさん出演をこなすことで安くできるでしょ?」と思われる方もいらっしゃるようですが(実際に言われたことがあります)、これは違います。

上の計算通りだとすれば、1人で100公演で300万円。

2人で200公演で600万円。

でも、1人当たりの収入はどちらでも300万円で変わりません。

ですから出演業というものはそんなに安い価格にはできないのです。

ちなみに2018年10月8日現在、九州サイエンスラボで出演自体を行っているのは、かず先生1人です。

あとは準備スタッフが2名います。

小さな会社です。

【マジックショーの相場】

サイエンスショーの出演先はマジックショーにとてもよく似ています。

また、科学的な解説があるかないかで、内容も近い所がありますし、経費も似ている気がします。

そこで「マジシャン」の相場を書きたいと思います。

イベントの規模によって変わる場合はありますが、プロマジシャンの最低価格は1公演5万円。

どんなに安くても3万円くらいのようです。

これは実績がない、駆け出しの方の価格です。

学生や趣味レベルの方でも3万円程度する方はいらっしゃるようです。

高いと思いますか?

駆け出しならなおさら、依頼も少ないでしょう。

ですから下限の3万円という価格は、プロマジシャンにとって生活できるかできないかのギリギリのラインだと思います。

プロと言いながら、アルバイトもやっている…という場合もあるかもしれない。

そんな価格です。

中堅クラスになれば、10~20万円前後。

それ以上になると上限なく。

いくつかのサイトも確認しましたが、やはりこの辺りが妥当な線です。

【芸能人の出演料】

当たり前ですが、これもピンキリです。

若手・無名のお笑い芸人さんのギャラは安そうなイメージがあるかもしれませんが、

ご本人に渡るギャラが安いだけで、請求される出演料は高額な傾向にあります。

多くはプロダクションに所属していますから、プロダクションで働く人やマネージャーさんの人件費、広告宣伝費などの一般的な会社でかかる費用も乗ってくるからです。

売り出し中の芸人さん、つまり無名のため値引きしている芸人さんでも10万円程度はすると思います。

もちろん、プロダクションによって設定は違うと思いますので、お考えの方は一度問い合わせてみてください。

問合せは無料ですからね。

プロダクションに所属せず、独自でやっている方の方が余計な経費が乗っていないので、安く済む傾向にあるでしょう。

【出演者のクラス(レベル)】

出演業にはクラス(レベル)があります。

駆け出しの人、多くの経験がある人、テレビ出演が多い人で出演料が違って当然でしょう。

ですから、最初に書いたように「ピンキリ」なのです。

超有名な人であれば、100万円を超える事も普通にあります。

値段だけを見れば、駆け出しの人が良いですが、

経験不足で臨機応変な対応が難しい人もいるので注意が必要です。

出演業の多くで重要なのは「トーク」や「コミュニケーション」です。

絶対に喋らないピエロの方もいらっしゃいますが、お客様とのコミュニケーションは何らかの形で取ります。

お客様は毎回違いますから、臨機応変に対応しながらショーを組み立てていく必要があります。

パフォーマンスそのものの技術はその次と言っても過言ではありません。

ただテクニックを見せるだけでは、面白くないのです。

マジックの世界では「手が1つ、口が3つで”手品”」という言葉もあるそうで、”喋り”などがいかに重要かが分かりますね。

予算に余裕があるのなら、一つ上のクラスに依頼を出されるのが安全です。

【イベントの規模や性質】

イベントの規模によって価格が変わる場合があります。

人数が多ければ多いほど、出演料は高くなる傾向があります。

ただ、少ないからと言って激安になる事はありません。

先述のように、最低限の利益を出す必要はあるので、下限は決まってきます。

また、依頼元が営利団体か非営利団体か、出演がイベントかテレビかなどによっても変わることがあります。

いつもと違う特別な演目を組んでもらうなどすれば、追加費用が発生する事もあるでしょう。

【交渉】

「絶対にこの価格」という方もいらっしゃいます。

特に有名で実績もある方ですと、その価格でも依頼する方がたくさんいらっしゃるからです。

ブランド力を落とさないために値段交渉に応じない場合もあるでしょう。

でも、出演料という類のものは、「交渉次第」という所があります。

ある程度の値段設定はあっても、性質によっては値引きが可能な事があります。

ダメもとでも相談してみるのが良いでしょう。

予算が少なくても「失礼な金額かもしれませんが…」と付け加えれば、悪い気はされないと思います。

【九州サイエンスラボの場合】

九州サイエンスラボは、全国・地方を問わずテレビ番組出演、大きなイベントへの出演が多数あります。

平日の受注も多くする工夫を行い、年間250公演近く行っており、経験数は申し分ないと思います。

ですので、そこそこの値段設定です。

ただし、ご予算が少なくても何らかの形で実施できないか模索します。

明らかに赤字の出演料でしたが、実施に至った例もございます。

これは出演ではなく、ワークショップの材料と方法のみをご提供したものです。

お子様の指導に慣れた方でしたので、この形を取りました。

まずはお気軽にご相談頂ければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする